本棚

◎大人向け

LGBT家族に関する本は、日本ではまだまだ少ないのが現状。海外にはいろいろあるんですけどね。。見つけた人は管理人までお知らせくださると嬉しいです!

「All we need is Love」

 

著: 清水 尚
出版社:
 講談社
税込価格: \2,730

発行日: 2010年2月19日
ISBN:
978-4062160919

子供を家庭に迎えたゲイのカップル達。そこには、血のつながりを超えた「愛」が溢れていた。
家族の関係が希薄化する現代社会で、家族の絆を再確認できる写真集。(amazonより)

 

 アメリカのLBGT家族を捉えた、幸せいっぱいの写真集。

代理母で、人工授精で、それぞれのやり方で、子どもを得たLGBTたち。

その笑顔には、きっと日本のLGBTペアレントも元気づけられるはず!

 

こんな素敵な場面を撮り下ろしたフォトグラファー、清水尚さんのインタビューを

インタビューにアップ中です!ぜひチェックしてみてください!

 

◎子ども向け

「タンタンタンゴはパパふたり」

 

作: ジャスティン・リチャードソン&ピーター・パーネル
絵: ヘンリー・コール
訳: 尾辻かな子、前田和男
出版社:
ポット出版
税込価格: \1,575
(本体価格:\1,500
発行日: 2008年04月
ISBN:
9784780801156

動物園にはいろんな家族がいます。でもペンギンのタンゴの家族はちょっと違っていました。
ロイとシロのパパふたりとタンゴ、それがタンゴの家族なのです──。


ニューヨークにあるセントラル・パーク動物園で実際にあった話を絵本にした

『and Tango makes three』の邦訳版です。

なかなかかえらない石のたまごを暖め続ける切なさ、待ちに待った赤ちゃんペンギンが生まれる瞬間、

読み終わった後、ほんのりあたたかい気持ちになれる絵本です。

子供たちにも、そして大人たちにも、読んでもらえるとうれしい一冊です。(出版社の紹介文より)

 

動物の同性愛行動は、自然界では時々見られるものだそうです。

同性愛を「不自然」と決めているのは、実は人間社会。

本当はごく自然なことなのかもしれません。

 

LGBT家族と友人からの寄せ書きは

年中募集しています。

書いてくれる方、ここからお知らせください!