LGBTペアレントについて、管理人の思うことあれこれ

子どもを育てるLGBT家族について、管理人が思うことを書き散らかしたページです。

(あくまでも一当事者の意見・感想にすぎませんので、その点、ご了承ください)

その6 サイト名「にじいろかぞく」について

2012.5.6

このサイトのタイトルは「にじいろかぞく」といいます。

にじいろ、つまりLGBTなどのセクシャルマイノリティの象徴である虹色(6色のレインボーは

性的少数者のシンボルです)の、「家族」のサイトということで、このような名前をつけました。

 

サイトを立ち上げてから、2年近くが経ちました。

あまり更新していないので、そんなに時間が経ったことが驚きでもありますが・・・。

 

まあ、ともかく2年の月日が経ちまして。

その間に、ふと、「この名前でよかったのだろうか・・」という疑問が何度か心をよぎりました。

 

というのも、「家族」という語は、親ふたり+子どもという関係性にばかり使われる語ではないからです。

子どもを持たなくても(夫婦ふたりでも)家族に決まっているし

シングルペアレントで、子どもがいても当然「家族」。

虹色のスピリットを持っていれば、どんな形でもそれは「虹色家族」なのに違いないわけで

そもそも「多様な家族のありようを」などと言っているにも関わらず、

ちょっとこのサイト名は図々しいのではなかろうか…。

などなど、考えることがしばしばありました。

 

 

まあ、海外の使用例などを見ても、「Rainbow Family」というと、

多くは、子どもを持つLGBT親とその家族のことを指すケースが多いので

ある程度の理解は得られそうでもあるのですが

なんとなく気持ちが落ち着かないでいたのです。

ですが、あるとき、こう思いました。

 

「たくさんの『虹色家族』がいる中に

子どもを持つLGBT親と子どもによる『にじいろかぞく』がいるんだ」と。

 

 それ自体はこじつけかもしれませんが、「家族」という語を、子どもを持つ家庭だけに

縛りたくない気持ちがずっと引っかかっていたので、ようやく気持ちにぴったりと来ました。

 

 

様々な家族のなかに、こういう家族も存在しています。

それこそ多種多様な家族のひとつのカタチとして。

LGBT家族と友人からの寄せ書きは

年中募集しています。

書いてくれる方、ここからお知らせください!