2013秋のイベント模様、各スタッフからのレポートです。3本続けて、どうぞ!

 

11月16日(日) novia×novia主催「L的ライフプランニング」に、スタッフぶるーらいが話者として参加しました

 

novia×novia主催「L的ライフプランニング」、第3回でした。

前半は私、ぶるーらいがお話させていただき、後半はFCブラザーズさんによる、年金や保険についてのお話。

参加者はカップルや単独参加の方、計10名ほど。

カップルさんの1組は「これから結婚式なども考えていく中で、こどもをもつという可能性も視野に入れたい」といらしていただきました。

他にも「いまは考えられないけど、いずれは」という20代前半の方、30代になって、そろそろ……と思いはじめたという方。

こぢんまりとした人数だったので、いつもよりも少し突っ込んだ話ができたかな?

「子どもをもとうと考えるようになったきっかけは?」

「精子バンクと、リアルな人から提供を受けるのどちらがいいのかな?」

「子どもを産んでみて、親戚や近所、会社の人たちからの反応は?」

など、質問をもらっては答えていきました。

途中で、相方のやでぃと息子も合流して、血は繋がっていないけれど、たしかに「親子」になっている2人の姿を見て頂けたのもよかったなあと思っています。

 

私自身、リアルに産活に入ろうと決意したきっかけは、にじいろかぞくの仲間でもあるQTの娘ちゃんが2歳のころ、その健康的で愛されて育った子ののびやかな様子を目の当たりにしたことでした。

むすこの姿もまた、だれかの背中を押せたらいいな。

なんて、思った1日でした。(ぶるーらい)

 

12月1日 どろぶね主催「LGBTのための子どもがほしいオフ」に、スタッフぶるーらいと小野が話者として参加しました

 

副代表のぶるーらいと小野で、どろぶねさん主催のオフ会に参加してきました。

子どもがほしいLGBTの方々が20人弱集まられました。

なかには遠くからのご参加の方がいらしたり、とうとう実践をはじめられた方がいたりと、皆さんほんとにアツイ!

ふるーらいの実践の話には皆さん熱心に聞き入っておられました。

そして小さな会の最後には、ぶるーらいの息子くんがミニサンタになって、参加者にクッキーをプレゼント!キュートな姿に皆さんめろめろ〜。参加者の方々からは「勇気をもらいました」「息子君をみたら、大丈夫だって思えた」などのご感想をいただきました。(小野)

 

12月1日 大阪にて「誰とどんな風に暮らしたい? 広がる家族観」トークイベントにスタッフちづが話者として登壇しました

 

12月1日リバティおおさかで開催された「誰とどんな風に暮らしたい? 広がる家族観」という、色々な「かぞく」で育ったり生活しているアラサー女性4人のクロストークイベントに、同性パートナーと子育て中の人として参加しました。

広い会場がいっぱい!(70から80人くらい?もっとかも?)で、出演者の知り合いのおっちゃんから高校生まで、幅広くとても和やかな雰囲気でした。

枠から出ちゃう生き方は、想像してると悩みも多いけど、実際にえい!とやってみたらすんなりいく場合もあって…誰かのそんな話が「私もこういう風に暮らしたい!」という誰かの願いに繋がっていけたらいいなぁ。ひとつそんなキッカケの場になったかなと思います。

私は先輩の未婚シングル母さんと「子どもが"へんてこな家族っていっぱいいるんだ!"って感じられる機会が沢山あるといいなぁ!」なんて話で盛り上がったのが印象的でした。ほんとに!そう思います。(ちづ)

 

 

LGBT家族と友人からの寄せ書きは

年中募集しています。

書いてくれる方、ここからお知らせください!