10/7(日)WWE内で家族にまつわるワークショップ、開催レポート

今年もやってまいりました!ウーマンズウィークエンドの季節です!

ぎりぎりの告知になってしまって本当に申しわけありません(いやもう、多忙が重なりまして・・・と言い訳・・・)。

 

10/6~8の三連休に東京代々木で開催されるウーマンズウィークエンド。

中日7日(日)の、15時半~17時に「にじいろかぞく交流会」、

18時半~20時の枠で、「家族について考える」の2枠を、やらせていただいてまいりました。

 

その感想などをアップしましたので、どうぞ!

今年で2年目になりました!

ウーマンズウィークエンド内でのワークショップ。

今年は「にじいろかぞく交流会」と「家族について考える」の連続2枠で開催させていただきました。

 

最初の枠になったのが「にじいろかぞく交流会」。

これは昨年やらせていただいたのと同じ形で、

L女子たちが、子どもを持つって?実際どうやって子どもを持つ?子育てってどんな?という質問に

現役L母や現在進行形のLにんぷや、プレにんぷたちが答えるというものを行いました。

 

ウーマンズウィークエンドは今年で25回。毎年秋に開催されているイベントです。

なにをしているイベントかというと、3日間宿泊つき(泊らなくてもOK)で、好きなワークショップに

出られる、女性のための文化祭のようなものです。

ワークショップというのは、1枠90分、やりたいことがある人が

好きなように時間を使ってみんなでなにかをしよう、というもので、、テーマも硬軟様々。

カレーをみんなでつくろう!なんてWS(ワークショップ)から、戸籍について考える、なんて硬派なWSまで

プロから素人まで、やりたい人がやりたいことをします。

にじいろかぞくでは昨年初めて、「にじいろかぞく交流会」と題して

L母とL母になりたい人の交流会(質問会)みたいなものを開催しまして

とてもご好評をいただいたので、今年もやっちゃおう!ということになりました。

 

会のはじまる前から、参加してくださるという方たちとわいわいお喋りをしてから会場へ。

想像を超える人数がきてくださいまして(驚いたので、人数数え忘れた…。たぶん40人近かったはず)

お隣のお部屋から椅子を大量にお借りして(ちょうど椅子を使われないとのことで)の開催となりました。

 

まずは自己紹介がてら、どんなことを聞いてみたいか、今のお立場などを簡単に話して頂き、

挙がった質問に答えていく、というスタイルを取りました。

色んな立場の方がいらっしゃいました。

産んでみたいひと、いつかは産みたいひと、もう準備に入っているひと、

まだ迷っている人、産みたいパートナーのいるひと、子どもってなんだろ?なひと、

セクシャリティも様々で、L、B、Aだけでなく、MTFの方も今年は複数人ご参加くださいました。

心打たれたのは、MTFの女性からの「いつか産めるようになったときに」という質問。

代理母を考えているの?という私の質問に、その方は「いえ、いつかのために」というご回答。

そうだよなあ、そういう日も来るかもしれない。産みの話はいろいろな方向へ発展していきます。

 

90分。本当にいろんな質問が出ました。

精子バンクのこと、精子提供のこと、どこでどうししてる?なんて話も出ました。

それから、産まないほうの立場で感じることはこんなだとか

友情結婚のこと、養子縁組のこと、法律のこと

それから子育てが始まって感じること、学校や保育園への対処、家族とのこと・・・。

本当に濃厚な時間になりました。

結構な人数にいらしていただいたので、きめ細かいお話までは至らなかったかもしれませんが

皆さんの熱い思いに、こちらも打たれる思いでした。

 

また、会の間じゅう、ホワイトボードにお絵かきをしたり、ハイハイをする子どもたちを見て

涙を浮かべる方も…。

親思いで真面目な方ほど、産みたい気持とのせめぎ合いになってしまうのもまたこの問題の一側面。

実際、思いきるまでにはそれなりに覚悟がいるのは事実。

自然に任せられる異性愛夫婦と違い、覚悟を決めて、自ら実行しなければならない・・・というのは

相当負担がかかるものだと思います。

それでも覚悟を決めた人たちがいます。決めようとしている仲間もいます。

産まないけど、周りで支えたいと考えている人もいます。

産んでも産まなくても、自分の人生を幸せにするよう、努めるのは同じこと。

どちらがいいということもありません。産まないという選択もまた、産むという選択と同じだけ

工夫のし甲斐のある生き方に変わりありません。

産めばすべて解決でもありません。産んだ先には工夫して生きるという道が続いています。

用意されたパッケージのない私たちは工夫をして生きていきます。

子ども、パートナー、親、仲間たち、周囲のひとたち。いろんな人と繋がりながら、

自分たちにぴったりするものを選び取っていく連続が待っています。

 

でも、それは生き甲斐のある生き方でもある。

忘れないでいてくださいね。あなたは一人じゃないって!

 

 

 

話がそれました(ついつい)。

今年は、加えて「家族について考える」というWSも開催してみました。

こちらは・・・・(参加してくださった皆さんほんとにごめんなさい!!!)

練りこみが足らず、反省点が多々。もっと小規模で語り合える系かと思いきや

けっこう大勢の方がご参加くださり、なんだかぼやーんとしたものになってしまい・・・。こちらは大反省。

(来年に活かします!)

それぞれのみなさんの家族観を聞いて、そこから家族に必要なものをあぶりだしていこう、、という試みだったのですが、こちらはイマイチでしたねえ。。。

もう少し「関係性の長続き」、というところにフィーチャーしていけばよかったのかな。

うーん、これはもう少し考えます。

 

 

はるばる遠くからご参加くださった皆様、あるいは近くから駆けつけてくださった皆様、

毎年WWEで会えることがたのしみなあなたやあなた、そしてにじいろかぞくメンバーの皆様、

実はあなたが主役です、のちびっこたち。

参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!

あいも変わらずつたなく、頼りない主催者ですが(ごめんなさい)、来年も開催予定ですので

また来年お会いしましょう!

LGBT家族と友人からの寄せ書きは

年中募集しています。

書いてくれる方、ここからお知らせください!